【賃貸】絶対に後悔しない東京の部屋探し術

2019 10/02
【賃貸】絶対に後悔しない東京の部屋探し術

東京への転勤が決まり部屋を探しに行ったものの、想像以上の悪戦苦闘を繰り広げてしまいました..

大阪を含めて地方で部屋探しするのはけっこう簡単なのですが、世界の東京ともなるとまあ家賃が高い。

大阪の約1.5倍は見ておいたほうがよいでしょう。

更にさらに、来年の東京オリンピックに向けて外国からの移住が多いこともあり、大家さんも強気に出ている状況です。

今回の悪戦苦闘を経た上で、そんな東京での家探しに失敗しないためのノウハウを書いていきます!

目次

墨田区に住んだ経験を経て

「墨田区」の画像検索結果

出典:Yahoo! JAPAN

僕は今回の転勤で東京に住むのは2回目なのですが、前回は新卒の頃。

東京のことはよくわからないまま、会社へのアクセスを重視して墨田区あたりで探してみました。

東京も北東の方は割と家賃が安かったりして、新卒にふさわしい金額のお部屋を契約することができたのですが、どうにもこのエリアが性に合わないということに気づきました。

何と言っても娯楽が少ないのです。

東京で遊ぶといえば、新宿、渋谷、六本木あたり、全部西方面にあるのですね。

不動産屋さんが言っていた「西の新宿、東の錦糸町」という言葉を信じて錦糸町に遊びに行ってみるも、この辺りではちょっと栄えているくらいだし汚い…

そんな経験を経て、今回は港区や品川区で探してみることにしてみました。

家探し失敗談

「失敗 フリー画像」の画像検索結果

今回は住みたい場所もある程度絞れているし、家賃も10万円くらいなら出せる!

ということで意気揚々で家探しの旅に出かけました。

普通は家探しといえばSUUMOなどである程度あたりをつけてから、目当ての地域の不動産ショップに行くものかと思います。

が、

「不動産業界共通の「REINS」というシステムで、どこの不動産ショップに行っても見られる物件は同じ」という情報を知っていたので、今回は特にあたりをつけることもなく新橋の不動産ショップを訪問。

「reins 不動産」の画像検索結果

まずは、あわよくばと思っていた、

「会社から徒歩圏内」

という条件で探してもらうものの、やはり港区、そんなお手頃な物件はユニットバス物件程度しかございません。

ということで、以下の条件で幅広く探してもらうことに。

  • エリアは港区と山手線内側の品川区
  • 三点セパレート
  • 駅徒歩7分以内
  • 2階以上
  • 日当たりそこそこ
  • マンション(宅配ボックス、ゴミ捨て場着き)

まあこんなもんであればいい物件もいろいろ出てくるでしょ、

と思っていた時期が僕にもありました。

まあ不動屋さんから出てくる物件が条件にマッチしないこと…

「そもそも港区で探すなら13万円以上が当たり前」

「山手線内側に住むのは現実的じゃない」

「この時期に探してもなかなかいい物件は出てこない」

「まだ退去していないから内見できる物件があまり無い」

そんなこと言われても…

と思いつつここでやっとスーモで自分でも探してみます。

良い物件たくさんあるやないかい!

ということで、空き状況を確認してもらうも、全て成約済みまたは入居時期が合わないとのこと…

結局最終候補に残ったのは以下の物件。

・三田の独立洗面所無しちょい古物件

・戸越のちょい古物件

・大井町の新築駅遠物件

全部なんともそそられない。

せっかくの引っ越しなのに心がときめかない物件になんか住みたくない!

ということで、コンマリさんもびっくり、丸2日かけて探した物件たちを全て断捨離してしまいました。

結論:SUUMOで探しましょう

「suumo」の画像検索結果

ということです。

僕はスーモの回し者でもなんでもないので、ホームズでも他のサービスでも大丈夫です。

まあ、何と言っても今回の失敗の原因は「「REINS」で探せるからどこの不動産屋に行っても同じ」という情報なのですね。

これは嘘ではないですが、各不動産ショップしか扱っていない物件も多々有るようで、REINS上で空きが無いからと言っても本当に無いとは限らないのです。

というのも、

先ほどの物件断捨離の後、部屋探しの上手くいかなさに疲労困憊してしまった僕はそのまま最終新幹線に飛び乗り、大阪へ帰ってしまったのですが、帰りの新幹線でとりあえずひたすらスーモで条件に合う家を探し続けました。

そして、やけくそ状態でお気に入りリストに入った20件程度の物件全てに問い合わせを送ってみたのです。

そして、翌日。

仕事のごとくやってくるメールと鳴り止まない電話。

僕の処理能力全開で不動産屋さんに対応することとなったのですが、なんと、昨日は無いと言われた物件がほとんど空き状況で残っているとのこと!

まあ、いわゆるおとり物件を掲載してとりあえずは店に呼び込んでしまうという手法も考えられましたが、「もう東京には行けないのでショップには行かない」という状況を伝えても、「物件はあります」とのことで。

しかも、「内見可能です!」とのことで!

「この時期は退去者も多いので物件探しにはおすすめです!」とのことで!

あの三連休のうちの不毛な二日間はなんだったんだろう…

とはなりましたが、うって変わって良い物件が多すぎて逆に悩んでしまう状況に笑

まとめ

結局この条件で探していた結果、

  • エリアは山手線内側の品川区と港区
  • 三点セパレート
  • 駅徒歩10分以内
  • 2階以上
  • 日当たりそこそこ
  • マンション(宅配ボックス、ゴミ捨て場着き)

この条件の部屋に決めることができました!

  • 港区で駅近
  • 三点セパレート
  • 高層階
  • 日当たり良い
  • マンション(宅配ボックス、ゴミ捨て場着き)

大阪に帰ってしまったことで内見ができなかったことは悔やまれますが、とても心がときめく部屋に決めることができました。

ということで東京家探しのポイントは以下です!

  1. 自分の住みたい部屋の条件を細かく決めておく
  2. 条件に合う部屋をSUUMOで探しまくる
  3. 内見ができる前々日あたりに問い合わせを送りまくる
  4. それぞれの物件を扱っている不動産屋で2,3軒内見に行って決定!

これが間違いないです。

ただ、相当な数の電話やメールへの対応が必要になるので、それに耐えられる方向けの方法ではあります笑

東京へ引越しをお考えの方はぜひご参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

目次
目次