MENU

【体験談】Airbnb(エアビー)を利用したワーケーションをオススメする理由

2020 6/21
【体験談】Airbnb(エアビー)を利用したワーケーションをオススメする理由

ワーケーションという言葉をご存知でしょうか?

Work(仕事)×Vacation(休暇)という二つの言葉を掛け合わせた造語なのですが、その言葉通り「休暇を兼ねてリモートワークを行う」という意味です。

夢のような仕事形態ではないでしょうか?

アメリカで生まれた言葉なのですが、日本ではあまり浸透していませんでした。
しかし、今の状況であれば実現することができる。

正に今がワーケーション実行のゴールデンタイムなのです!

そんなワーケーションを体験してきましたので、
・ワーケーションの行い方
・かかる費用
・体験レポート

を書いていきます!

目次

ワーケーションが実現できる人は?

まずは、どんな方がワーケーションできるのかというところですが、本来であれば在宅勤務が許されている職業の方以外はワーケーションは実現できませんね。

有給休暇を取って仕事をするならできますが、そんなことをする人はいません。

しかし、今現在は日本社会も急激に変化し、大手企業ではリモートワークが十分に浸透していることと思います。
緊急事態宣言が解除されたものの、7月末まではリモートワークを徹底、今後は新しいワークスタイルを取り入れる、といった会社も多いようです。

僕の会社も例に漏れず、6月末までは出社禁止。
それ以降も可能な限りはリモートワークを続けるという方針です。

ということで、会社の方針にもよりますが、今後もリモートワークを続けられる方は、ワーケーションを実施することが可能となりますね。

緊急事態宣言も開けた今がワーケーションのゴールデンタイムなのです。
今回は同じような勤務状況の友人と共にワーケーションを実行してみました。

Airbnbを活用することで格安に

旅行代理店に行ってもワーケーション用のセットプランなんてものは見当たりません。

自分でプランニングをするしかありませんが、そんな時に役に立つのがAirbnb。
みんなご存知かと思いますが、一軒家などが貸し出されている民泊アプリですね。

一人でワーケーションをする分には、どこかのホテルを取ってゆったり過ごすといったこともアリだとは思いますが、友人と数人でワーケーションをするとなれば、一軒家がベターです。

  • 圧倒的に宿泊料金が安い
  • 部屋数が多いので会議があっても困らない
  • 普段の生活とは違う特別感を感じられる

以上がAirbnbで一軒家を借りるメリットになるかと思います。

Airbnbの宿泊料金はどれくらい?

Airbnbには様々な宿が掲載されていますが、一泊3,000円程度の宿や、リゾートコテージのようなおしゃれな物件まで網羅されています。

例えば今回僕たちが宿泊したのはこちらの物件。

Airbnb
駅徒歩15分■海一望!伊豆の港町のオーシャンビュー貸切大型一軒家 - 借りられる一軒家 - Itō-shi, Shizuoka...
駅徒歩15分■海一望!伊豆の港町のオーシャンビュー貸切大型一軒家 - 借りられる一軒家 - Itō-shi, Shizuoka...日本、Itō-shiのまるまる貸切 【施設名称:ウインザー宇佐美】 伊東市の宇佐美湾を望む貸切大型一軒家です。 JR宇佐美駅から徒歩15分(1.2km)です。 宇佐美駅から海に向かっ...

伊東と熱海の間にあるマイナー駅の宇佐美という漁師町の一軒家です。

こちらはかなり大きな物件なので、なんと15人まで宿泊することができるのですが、一泊あたりの宿泊料金は10,000円程度です。

仮に10人で泊まれば一人あたりたったの1,000円で宿泊することができるのです。

正に「普通の一軒家」なので、田舎のおばあちゃんの家に帰ったような気持ちで、リラックスしてワーケーションを楽しむことができますね。

他にも大量の物件が掲載されているので、宿泊料金はピンキリですが、必ずあなたの予算にマッチした宿泊先が見つかるはずです!

部屋数が多い方が良い

ワーケーションと言えども、業務時間中はしっかりと働きます。

もし、会社には秘密でワーケーションを行うのであれば、zoomの仮想背景を活用して上手く自宅にいるということを醸し出さなければなりませんね…

そこで、必須となるのが会議室となる部屋の存在です。

防音設備まで求める必要はないかと思いますが、ある程度の部屋数がないと、友人と会議の時間が被った際に安心してリモート会議をすることができませんね。

ということで、宿泊人数の半分の数程度の部屋数がある物件がオススメです。

せっかくのワーケーションで会議室の取り合いで揉めないように気をつけましょう笑

特別な環境で脳を活性化させる

現在、おしゃれなシェアオフィスが流行している理由はご存知でしょうか?

例えば、weworkなんかは日本での拠点を急速に拡大していますね。

理由としては、もちろん、働く場所を多様化するところで無駄な移動時間をかけないようにするという事が一つになってきます。

それに加えて重要な理由が、「普段とは違う環境に身を置くことによって、脳を活性化させる」ということです。

我々の脳は「新しいこと」が大好きなのです。
新しい場所で働く事が脳を活性化させ、仕事のスピードや記憶力がアップするという事が脳科学でも証明されていますね。

デスクでランチを食べる人が仕事が遅い理由もここにあります。
ずっと同じ環境にいては、脳の働きが鈍くなるのです。

特に在宅勤務期間は家から出る事がほとんどなかったので、仕事効率も上がりにくかったことと思います。

一度ワーケーションで脳をリフレッシュさせてあげる事がオススメです!
せっかくなので広々とした一軒家に宿泊して、ガラッと生活環境を変えてみるのが良いですね。

今回ご紹介した物件以外にも様々な物件が日本全国にありますので、ぜひ、気になる地域を検索してみてください。
家の近くでも、少し雰囲気を変えるだけでとてもリフレッシュすることができますよ。

まとめ

今回は、Airbnbとリモートワークを活用して、ワーケーションを実行してみました。

僕もそうですが、例えば東京の山手線内などに住んでいると、家から1分歩けば飲食店やコンビニがあったり、UBER eatsを頼めば家から一歩も出る事がなく生活ができたりと、便利すぎる生活を送っています。

今回の静岡県の宇佐美は最寄りのコンビニまで10分歩かないといけなかったり、飲食店街に行こうとすると隣町まで行かないといけませんでした。

たまには都会の喧騒を外れて少し不便な環境に身を置いてみるというのも新鮮な体験ですね。
その分、豊かな自然が存分に味わえますので、心も身体も健康になれた気がします。

暑くなってくると、軽井沢などの避暑地で仕事をするなどにも憧れますね。
ぜひ、現在のワーケーションゴールデンタイムを最大限活用してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる