MENU

【インド】アグラのトゥクトゥクドライバーナカムラ

2019 10/15
【インド】アグラのトゥクトゥクドライバーナカムラ

この記事を読んでいるということは、出会ってしまったのですね、アグラのトゥクトゥクドライバー「ナカムラ」に。

出会ってしまったという言い方をしましたが、結論、ナカムラはインドで出会った中で最高のトゥクトゥクドライバーなのです。

目次

アグラに到着

アグラというと、インドの首都デリーから電車で2〜3時間程度の距離にある街で、かの有名なタージマハルを有する都市です。

インドでも最も有名なタージマハルを目当てに連日観光客で賑わう中、アグラの駅前にはたくさんのトゥクトゥクドライバーが客引きをしています。

僕たちも一観光客として、アグラ駅に降り立ちました。

トゥクトゥクドライバーとの出会い

アグラ駅に降り立ち、まずは宿に向かうかという僕たちに近寄ってくる小太りの中年インド人。

例に漏れず、“Hey! Tuk!”と声をかけてきます。

宿まで行きたい旨を伝えると100ルピーを要求してきましたので、半額の50ルピーで値段交渉してみたところ、かなり不服そうではあるものの”come!”とのことでマイトゥクトゥクへ案内してくれました。

自称「ナカムラ」

f:id:ats-saka:20191015223002j:image

そんなこんなでトゥクトゥクに乗り込み、ドライバーとの会話が始まります。

なんでも、彼は日本人が大好きだとのことで、君たちが日本人じゃなければこんな金額では納得できなかったよと。

さらに話を聞いていると、”I’m ナカムラチュースケ(シュンスケ)!”と言い出します。

適当なこと言うなよ!となるのですが、ナカムラという名前は本当だよと主張してくる。

インド人の名前となると、ガンジーかダルシムくらいしか知らないので疑う術もなく、いったん信じてみることに。

真のエンターテイナー

その後も運転は後輩に任せながら、宿までの道中に色々と話しかけてくれます。

(狭い運転席に2人乗り)

「生まれも育ちもアグラっ子のおれに任せときな」

「日本人はハートフルなところが好きなんだ」

「このノートにこれまで乗ってくれた日本人からのコメントが書いてあるよ」

ノートを見せてもらったところ、「ナカムラはいいやつです!」、「たくさん楽しませてもらい良い旅ができました!」などのグッドコメントばかり…!

さらには、「おれのTik Tokアカウントだよ」と見せてくれたアカウントのフォロワーが2,400人…!

ナカムラ、只者ではない。

アグラツアーを任せてみた

宿に着く頃にはすっかりナカムラに魅せられてしまっていた我々。

降りる際に明日の予定について聞かれます。

タージマハルを見に行きたい旨を伝えると、「アグラは他にも見るところがたくさん有るからツアーをおれに任せてくれ」と。

しっかり値段交渉をして、ナカムラに翌日の観光ガイド兼ドライバーになってもらいました。

朝焼けのタージマハルへ!

翌日はナカムラの提案で朝の5:30に宿の前に集合。

遅れることなくしっかりと宿の前で待ってくれていました。

この時間に行くと、写真でよく見る真っ白のタージマハルではなく、朝焼けに照らされて黄色がかったタージマハルを見ることができるのでおすすめだそうです。

実際の朝焼けタージマハルがこちら。

f:id:ats-saka:20191015223132j:image

ナカムラの言う通り素晴らしい綺麗さです!

ただ、ガイドもしてくれるのかと思っていたら、前まで運んでくれただけで特に案内はしてくれません笑

その後ナカムラおすすめレストランである、マヤホテルで昼食を食べ、

ベイビータージマハル、ブラックタージマハル、アーユルヴェーダマッサージ、大理石のお土産屋に連れて行ってもらいました。

マヤホテルと、大理石屋はナカムラが紹介コミッションをもらっているっぽいので、嫌がらずについて行ってあげましょう笑

まとめ

f:id:ats-saka:20191015223208j:image

結局、朝の5時半から丸一日一緒に過ごすことになったわけですが、寝不足で疲れているナカムラも、下ネタを言ってくるナカムラも、提携店へ連れて行きたがるナカムラも何だか可愛く思えてきて、最終的にはナカムラへの愛着が湧きすぎて最初に言っていた金額以上の金額を払ってしまいました笑

規定より多い金額を払ったのは、このインド旅行で後にも先にもこの一回だけです。

アグラへ訪れる際はぜひナカムラを見つけて、アグラ観光の全てを任せてみてください!

普通の観光とは一味違った思い出がきっと作れるはずです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる