MENU

【blur】ブリットポップの代名詞

2019 1/13
【blur】ブリットポップの代名詞

1月中旬の一大イベントと言えば、サマソニのヘッドライナー発表。

今年は20周年ということもあり、久しぶりの3days。

ヘッドライナーにも期待が大きいです。

ããµãã½ã 2019ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

せっかくの20周年なので行くことには行くと思いますが、ヘッドライナーとして一番出演してほしいバンドが、”blur“なのです。

blurが来るなら発売当日にチケット購入しちゃいます。

そんな愛するblurについてご紹介します!

目次

blurとは?

ãblurãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

blurは90年台のUKミュージックシーンを席巻したイギリスはロンドンのバンドなのです。

そんな90年台UKロック界隈で有名なのが”oasis”ですね。

oasisは知っているけどblurは知らないという方も多いのでは?

この時代のイギリスではoasisとblurはチャートを競い合うライバル関係のバンド同士だったのですが、同タイミングでシングルレコードを発売した時にはblurが売上枚数で勝利したということもあったんです。

é¢é£ç»å

マンチェスター出身のやんちゃでストレートロックなoasisと、

ロンドン出身のポップでアイドル的なblur。

ストーンズとビートルズ的なイメージですね。

blurの魅力

まず、曲についてですが、ポップでロックで人を食ったような曲がクセになります。

そんなblurの代表曲の一つがこちらの”Country House”です。

oasisとのチャート競争で勝利した時のシングル曲ですね。


Blur – Country House

この曲を聴いてみるとblurのポップな雰囲気は大体わかるのかなと思いますが、それにしてもボーカルのデーモン・アルバーンがかっこよすぎですね。

デーモンのカリスマ性もblurの大きな魅力なんです。

見た目もイケてますが、ファッション、雰囲気、ライブアクト、どれを取ってもカッコ良すぎです。

僕も影響されてデーモンが着てるような服は何着も買いました。

そんなデーモンはソロ活動したり、ゴリラズのボーカルをやったりもしていますが、

今は渋くてカッコいいオヤジになってたりします。

そしてもう一つ聴いていただきたいのがこちらの曲。


Blur – There’s No Other Way

この曲ではギターサウンドの魅力がめちゃくちゃ伝わるのではないかと!

音色が色っぽいんですね。

テレキャスのジャキジャキ感と艶っぽいサウンド。

要所要所での存在感など、このギタリスト、グレアムコクソンが弾くローファイギターサウンドがblurっぽさを作り上げているのかなとも思います。

CM曲にもなっていたsong2での暴れるサウンドだったり、tenderでのしっとりサウンドだったりと、多彩で面白いギターサウンドがクセになるんですね。

とりあえずサマソニが楽しみ

というわけでblurの魅力についてご紹介してきましたが、アルバムごとに全然雰囲気も違ったりするので、まずはこのアルバムを聴いてみてもらいたいなあと思います。

blur-“Park Life”

ãpark lifeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

一番有名なアルバムかと思いますが、通して聴いてみると、ロンドンの風景が思い浮かぶような、blurの魅力溢れるアルバムです。

そんなblurも聴きつつ、3日後のサマソニヘッドライナー発表を待ちましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる